ゆとリーマンのロードバイク日記

ゆとリーマンのロードバイク日記

平成元年生まれの31歳。ゆとり世代と揶揄され、最近はマイペース過ぎて隊列の先頭を引かせてもらえないロードバイク乗りの日記

初カザリン(風張林道) / UKA練 in 房総(2019年8月31日、9月1日)

今週土日は嫁様がお仕事だったので久しぶりにロング2本。

 

 

初カザリン(風張林道)

雑兵Tさん、EMH佐々木さんと久しぶりに山ロング。久しぶりの5時彩湖集合で眠い。

いつの間にか5時前はもう日が昇ってない季節になってしまった。。

f:id:s-worker:20190901172629j:image

Tさんがカザリンに連れていってくれるとのことで軽い気持ちで(カザリンって響きがイイネ)参加表明したわけですが、、、とりあえず左行けば都民の森に行けるT字路を今日は右へ。

f:id:s-worker:20190901172615j:image

 

次の日にUKA練で追い込む予定だったのでなるべく脚を使わず体幹を意識して渓流沿いを10kmほど進む。

「Uターン気味に曲がった先がスタート」とのことだったが、、なにこれ珍百景

斜度というか角度でいうと45度以上?速度6km/hしか出ない!?もちろんインナーローそしてダンシング、そして蛇行、しかも終わりが見えない。

stravaをみたら4kmほどを23分半かけて登っていた→平均8km/h。。

温存なんて考えてたらこの死地を脱出できなそうなので必死に全身で漕ぐ。初心者の時ぶりに腰がパンパンになった、、

 

ただ崖側に木がない箇所がちらほらあるので見える景色は絶景。楽しんでたら自転車が止まるのでそんな余裕は皆無でしたが、、

f:id:s-worker:20190901223117j:image

 

斜度自体は経験したことあるけどキロ単位で連続するのは初めて、、当分来なくていいかな峠ランキング最上位。。

f:id:s-worker:20190902080527j:image

 

その後は奥多摩湖の方へ下り、飯能→所沢と抜けて帰宅。

奥多摩湖への下りは20kmくらい?ずっと道幅が広く程よくカーブしてて爽快だった。いやもう当分お腹いっぱいです。。

 

 

UKA練 in 房総

 

 

前日に175km走って迎えたチーム練。メンバーはミゾさん、ヤマさん、大ちゃんさんと私の4人。

 

「前日175kmも走ったからアップ完了してるでしょ?」と言われたが、その通り。

スタートから5kmほどで現れる鹿野山に入って、半分の3kmくらい登ったところで試しにケイデンス上げてみたら飛び出したのでそのまま踏んで逃げ切り、自己セカンドベスト。

 

「昨日と違って(斜度が緩いから)ペダルが踏み込めるし、踏んだら(斜度が緩いから)前に進む!」と謎のハイテンションで行けてしまった。カザリンさまの信徒になるぅ、、、

 

その後、中間60km地点のセブンまで登り基調でアップダウン。ヤマさんがペースで登るようになってて速い。

ただ「本番はセブン後の君鴨トンネルを抜けた後の下り基調から」と、このあたりは抑えめで。

f:id:s-worker:20190902082354j:image

 

またもやセブン到着まで60km2時間ペース。

予定通り君鴨トンネルを抜けたあたりから下り基調で上げる。

最近この記事のmogさんをマネして頭を下げて走っているが50kph以上でもなかなか空気の壁を感じない。

UKAUKA練 in 彩湖!そしてニュースも! - 30代二児の子持ち男が「自転車競技チーム」を作ってみたらどうなるの!?

 

ヤマさんとの下りでも差を広げることなく、残り30km地点のT字路で大ちゃんさんを待つ。ここで短縮ルートを選んだ大ちゃんさんと別れ、久留里駅→斎藤坂。

前日に175km走ったとは思えないくらい脚が回せるので久留里駅まで逃げ、斎藤坂も10分ちょいの我慢大会。。優勝!

 

収穫

  • 2日連続でロングに行けるほど練習耐力が向上してること
  • ROVAL CL50でも鹿野山くらいの斜度(5〜6%)ならBORA35と変わらないタイムで走れることが判明
  • 平坦もエアロを意識すればそこそこ速く走れる(体重が正義なのは覆せないけど
  • ここ1ヶ月取り組んでいる体幹レーニングの成果が確認できたこと

特に体幹レーニングの効果は絶大だったので別記事でまとめようと思います!