ゆとリーマンのロードバイク日記

平成元年生まれの31歳。ゆとり世代と揶揄され、最近はマイペース過ぎて隊列の先頭を引かせてもらえないロードバイク乗りの日記

ソロ白石峠 / グログロ君ミートアップ 特別編 (2020年3月28日,29日)

 

 

ソロ白石峠

前日まで雨が懸念されていたが、起きてみたら曇っていたので出走。

 

白石峠:26:02/AP263w(4.2w/kg)

白石峠までは3倍くらいで淡々と、向かい風だったので無理して踏まずに。

ソロだと骨伝導イヤホンの有無で時間の過ぎ方が全然違うなぁ。spotifyでひたすら嵐を聞きながら2時間半。

 

前日にTさんから「初めちょろちょろ、中パッパッ」っとアドバイスをいただいていたので、それを実践。。した結果が以下の通り。

セグメント 距離 タイム 自己ベスト 差分
スタート→湧水 0km→2.8km 11:36 11:39 ▲0:03
湧水→勝負平橋 2.8km→5.4km 10:45 10:39 0:06
勝負平橋→ゴール 5.4km→6.4km 3:35 3:26 0:09

最初でしっかり踏んでしまってた。

脚よりも心肺というか、胃のあたり、横隔膜?が攣りそうになるのはどういう理由なのか。腹筋鍛えればもっと耐えられるようになるだろうか?

 

終わってみると26:02と、過去2番目の記録。260w以上で踏めていたので調子自体は良かったはず。

f:id:s-worker:20200329224504j:image

白石峠でタイムを出すのは、斜度が上がるところと緩むところが繰り返されて、上がるところは踏まざるを得ないレベルの斜度だからインターバル能力が必要な気がする。

一定で登れるところはベース練効果で強くなっているが、やはりインターバルか、、。インターバル練って辛いわりに効果持続しなくてあまり乗り気しないんだよなぁ・・。

# 日付 時間 パワー PWR  
1 2016/7/2 43:28 - -  
2 2016/7/10 37:11 - -  
3 2016/8/21 37:54 - -  
4 2016/8/28 33:24 - -  
5 2016/10/10 32:01 - -  
6 2016/12/12 31:38 228 3.7  
7 2017/1/30 32:23 217 3.5  
8 2017/4/16 29:22 239 3.9  
9 2017/6/10 29:38 228 3.7  
10 2017/8/11 31:26 232 3.7  
11 2017/10/3 32:17 225 3.6  
12 2017/10/12 28:49 260 4.2  
13 2018/4/1 32:04 212 3.4  
14 2018/10/6 27:00 253 4.1  
15 2018/11/17 26:16 286 4.6 ※片足2倍(パワメ故障)
16 2018/12/1 27:13 256 4.1  
17 2019/6/8 28:05 249 4.0  
18 2019/8/19 28:03 247 4.0  
19 2019/9/21 25:56 268 4.3  
20 2019/12/14 29:48 225 3.6  
21 2020/1/2 27:34 244 3.9  
22 2020/3/28 26:02 263 4.2  

 

そして麓へ降りると、、、

片付けるなら、ボトルも一緒に持ってってくれてよかったんだぞ。周りの目を気にして冷や冷やしながら持って行ったサドルバッグに金目の物が一切入ってなくて残念なうえ、一生その罪悪感と後ろめたさを引きづって生きるってことを考えたら、人の物を盗むなんてことがいかにちっぽけなことかと思うんだけどなー。

とりあえずノーパンクで無事帰宅。

f:id:s-worker:20200329224431j:image

 

グログロ君ミートアップ 特別編

日曜日は雨予報だったので、グログロ君ミートアップにUKAUKAで参戦。 

チームメイトはmogさん、スダさん、ぐっさん、ミゾさん、私。

約70km、2時間のコースで一応3倍でまとまって走る予定が、、、しょっぱなからmogさん、ぐっさん、ミゾさん、私、NICOの方が5名で飛び出し、平地4倍で巡行。ちょっとした登りを5倍近くで登ったり、7~10倍?くらいのアタックが飛び出したり、久しぶりのチーム練でみんなウカウカしてるんだな。

1時間でmogさん、ミゾさんが離脱し、メイン集団と合流。Epic KOMを5倍弱で登頂し、そのまま平坦を3~4km走ってゴール。

ローラーに身体が適応したからか、これまで4倍出すのも苦しかったのが5倍弱で巡行できるまでになって楽しい。

Aクラスのレースでも先頭集団についていくことができたり、Zwiftの魅力に目覚め始めている。。

f:id:s-worker:20200329224445j:image