アラサーリーマンのロードバイク日誌

アラサーリーマンのロードバイク日誌

ロードバイクにハマってしまった29歳金融系フルタイムワーカーが、日々の練習や機材に関する記事を書いていきます。

UKA練 in 尾根幹→小山田5周 / 願掛けライド in カザリン(2019年11月2日、4日)

先週に引き続き、お仕事が賞与前の位置どりタイムでもあり、平日は目覚めても2度寝してしまう体たらく。そんななか迎えたツールドおきなわ1週間前最後の週末。

今週は嫁様が沖縄旅行へ行かれるので久々の独身生活 with dogs。平日乗れてない分は週末高強度&長距離で帳尻合わせを図る。

 

UKA練 in 尾根幹→小山田5周

フリーとはいえ、嫁様に強制的に受信させられている歯医者が午後にあったので、午前中で終われる尾根幹+小山田周回。

メンバーは須田さん、DK、私の3名。尾根幹は板橋、神田、横浜から等距離にあるから集まりやすい。

今日はミゾさんが来られなかったのでノンストップで矢野口まで。1時間10分ほどと意外に近かった。

 

矢野口ローソンで落ち合い、南野セブンへGO。セブンで前職の部活の草間さんと出会い、「先週もいらっしゃいましたよね?」とheitan本舗の方々にご挨拶。意気投合。
日曜朝の大井ふ頭は走り屋の聖地らしい。

 

ということで小山田周回スタート。1周目はheitan本舗の方々もご一緒に。ごみ収集場から下る直線からドンパチ→メモパ坂へ。

登り口から300w後半くらいで突入、heitanの方々全然落ちてこない。。斜度上がる中腹でもそのまま、、、メモパ過ぎた最後のグイッと上がるところで少し落ちてきたので400wからダンシングでアタック!5秒827w、、13.5倍だと、、、先着に成功するも、久しぶりに限界突破して口の中が血の味、、日大三高は見送り、病院坂は淡々と5.5倍走で先着。

ここでheitan本舗の方々とはお別れし、残り4周(40km)へ突入。

3周目くらいまでは須田さんが元気で地味に削られるも、1周目の借金が重すぎたようで剥落、、自分も出枯らしになりつつ5周目の病院坂を5倍走でゴール。

 

5周目でも強度キープできていい感じ。1周目のメモパ坂でも千切れず粘って取り返せたのは気合いが漲ってて調子のいい証拠だろう!

heitan本舗さん、ありがとうございました!

f:id:s-worker:20191107080254j:image

 

願掛けライド in カザリン

3連休中日は沖縄へ旅行へ行く嫁様を羽田空港まで送り届け、その足で職場へ、、、溜まってた雑務を片付け、成増トリキ17時出走。

水分補給を完璧にしてからの3連休最終日、DNS濃厚だったカザリン願掛けライドだったが、Tさん、マキさん、私の3名でスタート。

 

川越街道で関越所沢ICまで行き463号へ。マキさんとゆるゆる走っていると後ろから「チャリは歩道走れや~チャリンカス~」と聞き覚えのある声で煽られる。Tさん登場w

f:id:s-worker:20191106080356j:image

所沢からバイクペーサー練スタート。40kphくらいで引いてもらい、速いけど楽ではないって不思議な感覚。

最初の登り、二ツ塚峠(2.7km/5.1%)に突入。ここで山道+バイクペーサーの恐ろしさを体感することに。斜度が変わってもバイクのスピードは変わらないし、千切れると終わるので必死に反応して食らいつかざるを得ない。

終わってみると1分半もタイムを縮めて自己ベスト。今日も血の味やで、、、。

 

武蔵五日市駅前セブンで休憩してカザリン入口に向けてスタート、、、カザリンまではゆるポタ、、、なんて許されないんですね。2500人くらい走ってるセグメントで8位取れるくらい引きずられ、カザリン入口でTSS200超え。まだ100kmくらい走らなきゃだけど今日帰れるのか?

ゆるポタだしパワー表示しなくていいやと消したのが「FTP超えてる、、、」とか言い訳できずに目の前のバイクを追えてしまってる理由でもある。

てか、こんなこと毎日やってる新城さんは強くて当然ですわ。今日たまたまバーレーンメリダのジャージ着てたから何か思い出させてしまったのだろうか。

 

青い悪魔に導かれ、カザリン突入。

カザリン登っておけば白石峠ですら緩斜面に感じるから沖縄の普久川ダムなんて平地にしか感じないはずと、斜度慣れドーピング目的でやってきた。

なのに、ここまでがキツすぎて、急斜面だからバイクペーサーを付けられないカザリンがむしろ至福に感じられてしまう。

途中のキノコセンターで舞茸を購入し、再スタート。

f:id:s-worker:20191106082853j:image

山頂の車止めで悪魔と一旦お別れ(悪魔祓いに成功)し、奥多摩湖方面へダウンヒル

チューブレスタイヤの気圧を6.0→5.5barに変えたからか、タイヤがグリップしてる感覚を掴めていい感じ。コーナーで前走のマキさんを無理せず詰められるのを確認。

 

奥多摩湖で小休止ののち、カザリンを下って都民の森から追いかけてくるTさんを待ちつつ走る。

合流後、軍畑駅から成木へ抜ける2kmくらいの坂道とその後の1kmくらいの坂でも脚が回る回る。その前にTSS300くらいは溜まってたような。

 

463号線はバイクペーサーに55kphくらいまで引いてもらい、荒川CRで一旦お別れ。

暗くなりつつあったので荒川CRは急ぎ気味で250〜300w巡航。100wくらいしか出なくて土手下から上がるところでTさんに千切られてた夏が懐かしいわ!

 

ライド終わりに胴回りがめちゃ筋肉痛になってるから、多分ペダリングで今までよりも体幹を使えてる。これが調子の良さの理由かな?いい調子で沖縄入りできそう。そしてまだ伸びしろありそうで、、、来シーズンも頑張れそう。

f:id:s-worker:20191107080605j:image

UKA練 in 尾根幹→小山田5周 / 朝ズイ→UKA食事会(2019年10月26,27日)

ツールドおきなわまで残り3週間。
といいつつ、土日ピンポイントの天候不良と台風による練習場所の崩壊によって、去年と比べて距離を乗り込めていない。

朝ローラーも残業エンデューロに捕まって停滞気味でよろしくない。。

 

 

UKA練 in 尾根幹→小山田5周

先週に引き続き尾根幹へ。

先週末にタイヤを履き替えたのでそれをモチベーションに6時ごろ出発。

 

(タイヤ交換については↓↓↓)

s-worker.hatenablog.com

 

先週はソロだったが今週はミゾさんとDKと私の3名。

いつも通り三鷹のローソンでミゾさんと合流。会話があるからか信号待ちもそこまで苦ではない。小山田セブンでDKと合流し、5周オールアウトせずに走り切ることを目標にスタート。

結果的にこれが正解だった。いつも周回数を決めずになぁなぁで走り始めて各自オールアウトしてセブンでダベって終わるところ、終了時間から逆算して周回数を決めたことで、集団(と言っても3人だが)の中に残り距離に対する共通認識が生まれ、タレてしまわないギリギリ寸止め強度を最後まで保って練習できた。

今日は70kg近くあった体重を60kg前半まで落としてモデルチェンジしたDKがハイライト。3周目のメモリアルパーク坂で先頭を引いていると、中腹の葬儀場あたりから400w近くでプレッシャーをかけてきた。

 

そして・・・

 

「ミゾサン、チギレマシタァァ!!(ドヤッ」 www

 

まじか、DKの乗るBMCはvengeだったのか、、w

f:id:s-worker:20191028212038j:plain

なんだ?この見るからにひ弱なブレーキは・・・


最後までDKは千切れきることなかった。過去最強か。

私も走ってると脚があったまって回るようになり、調子は悪くないことを感じて少しモチベーションアップ。

その後、近くのコッペパン専門店で昼メシ。

apricotcoppe.com

 

f:id:s-worker:20191028212048j:plain

食べかけが見苦しくて恐縮ですが、めちゃうまでした

 

昼メシあるだけでQOR(クオリティ・オブ・ライド)が激上がりするわぁ~というか沖縄早く終わってグルメライド(≠ポタ)行きたいわぁ~~

コッペパンで回復して、尾根幹の帰りで荒ぶって終了。ペダルに体重が乗って自然に回る感覚を思い出せてよかった。引き足を意識するあまり忘れていたかも。

 

帰ってくると120kmでTSS344も溜まってた。うん、調子悪くない!

f:id:s-worker:20191029083428j:plain

いくぜ!ツールドおきなわ

 

 

朝ズイ→UKA食事会

 

「UKAUKA食事会 with 家族 in 中華街」の前にZwiftレース。

34kmで66mアップとフルフラットレース。スタート後のアタックで出遅れつつ、350wで3分弱追走するも追いつけず2番手集団で200~240wにて巡行。

最後までもたないだろうなー、、、と思ってスタートアタックで緩めちゃうのはいつも通り。今度、タレを気にせず先頭集団に食らいついてみよう。

ローラーだと脚を緩められないのでSST50分って感じ。じわじわキツイ。最後はロングスプリントに失敗して終了。

リザルトでこっちは220wで3.5倍なのに、290wで3.5倍とか見ると、フィジカルの埋め難い差を感じるけどそれはそれで楽しいよね。

 

 

午後はUKAUKA食事会。それぞれのご家族も招待して総勢21人w ヤマさん幹事お疲れ様です。。

 

帰り道の会話で、

ワイ「普段自転車のジャージでしか会ってないからか、ワイルドスピードでブライアンがワンボックスカーに乗って現れるシーンを重ねてしまったわ。」

嫁様「いや、新城幸也がママチャリ乗って保育園に送り迎えしてたら最高にかっこいいじゃん。」

ワイ「せやなぁ・・・。」

趣味も育児休暇を取らなくてはならないそうで、、、

 

そんな中、今年もこの招集通知が沖縄からやってきた。

f:id:s-worker:20191029204442p:image

下2桁が50以内だとシード権が付与されて先頭から順番に並ばせてもらえるそうだ!
スタートアタックで頑張らずにダムまで行けるのは落車回避や脚の温存って意味では大きい。

一気にやる気が高まった!

ローラー2部練 / ソロ小山田周回4周 / ローラー→タイヤ交換 (2019年10月19,20,22日)

台風19号の影響で慣れ親しんだ道が変わり果てた姿になってしまったうえに、雨でそもそも外に出られずフラストレーションの溜まる週末→祝日。

 

白石峠は生活道路ではないので復旧の優先順位としては劣後するだろう。冬は降雪や凍結の影響もあり、工事車両が立ち入ることも難しくなると思われ、来年の春以降に復旧が進むのではないかと踏んでいる。

 

 

ローラー2部練 

午前の部

距離を乗り込まなくてはと、7時過ぎからライドオン!しかし嫁様が起きてくると犬がケージを飛び越えて脱走してDNF。FTP240wの自分にとっては常にSST強度でローラーなので脚を休めることもできず、じわじわきつかった。クラス下げてでも完走したいな。

 

午後の部

数か月ぶりのZwiftでワクワクしたこともあり、午後も走ろうとエントリー。

レース展開としてはいつも通りA・Bクラスの先頭集団を見送り、Bクラスの2番手集団内で200w前半台で耐える。NP300w近いミートアップ組はどんな走りをしているんだ・・・。

その後は家でゴロゴロと、、、

f:id:s-worker:20191022231745j:image

 

ソロ小山田周回4周

乗り気ではないが、乗り込まなくてはと、パーツ変えたからってモチベーションでソロ尾根幹→小山田周回。

f:id:s-worker:20191022231648j:image

最近、都民の森までのアクセスに国道463号を使っていたが、比べると信号感覚が短く、463号のように行きも帰りも謎の気流(追い風)が流れていない。やっぱ埼玉最高や。

矢野口手前の橋から多摩川を見渡すと、まだ台風の爪痕が残ってますね・・・。

f:id:s-worker:20191022231619j:image

とりあえず矢野口ローソンに8時半過ぎに到着。スタンドにも壁にもロードバイクを置けるスペースがない、、各地が走れる状態じゃないのは分かっていたけど、人大杉

知らない人がたくさんいる中をソロで走る面倒さね。こっちは一人にしてほしいのについてきたり抜いてきたり登りで遅くなったり、、、周りをうろうろしないでくれ・・・と精神的に疲弊しつつ小山田周回起点のセブンまで。

ここも変わらずロードバイクを置けるスペースが無いのでさっさと周回コースへ。

上と同じ感想、、レースでもないのに人多いのはつらい。これで帰れば100kmは走ったことになるなとイマイチ目的意識もなく、帰宅。

f:id:s-worker:20191022231637j:image

とはいえ、新しいパーツに変えたのでいろいろと試しながら、、、

 

ローラー→タイヤ交換

またしても雨なので、Zwiftで長めのレースにエントリー。するも、嫁様の起床に合わせて犬がケージを飛び越え脱獄(3日ぶり2回目)。からのDNF。メシ食べて二度寝してたやん!

 

からのタイヤ交換。ツールドおきなわは山がちなので、少しでも軽いチューブレスタイヤを・・・と候補を色々と物色。

まず使ったことのあるIRC RBCCは軽くてグリップも安心感はあるが、パンクしやすい印象、あと落車したから縁起悪いのでなし。

Panaracer Race evo4は最軽量だけど精度がイマイチのようで見送り。

Mavic イクシオンは軽いようだけど、後発品の方がきっと良くなってるはずということで見送り。

残るはシュワルベ Pro One。今つけているコンチGP5000より軽く、路面抵抗も結構軽いそうで、今回はこれで。

 

タイヤをはめるのはビードワックスで手が滑るのもあってレバーを使いつつ。コンチGP5000ははめた段階で「これは簡単にビードが上がるな」ってくらいリムとビードの密度が高かったが、シュワルベも同じ印象。一方のIRCは大丈夫か?と印象の通りでなかなか上がりにくかったなぁ。

 

詳しい取り付け方法は↓ ビードワックスさえ忘れなければビード上げに悩むことはない! 

s-worker.hatenablog.com

 

そして軽く家の前を走ってみると、明らかに走り出しが軽い。これは期待できる。タイヤ剥きしつつ、少し長い登りで試してみよう!

UKA練 in 都民の森ノムコウ / グルメライド in 川越(2019年10月5、6日)

f:id:s-worker:20191006202956j:imageツールドおきなわまであと1か月。

距離を乗り込むべく土曜日は都民の森方面に再訪。日曜日はリカバリグルメライド。

 

UKA練 in 都民の森ノムコウ

先週同様に200km山岳コースへ。前回がエグすぎたからかUKAUKAメンには避けられ、須田さん、ミゾさんと3人で突入 笑

 

 

所沢までは、飯能方面に行かれるTさん、中村さんと一緒に。走り出してみるとあまり調子がよろしくない。血がうまく回ってなくてパワーがリニアに上がっていかない感じ+向かい風。武蔵五日市駅までの50kmは淡々と先週よりも上げ過ぎに気を付けて、5:20発→7:45着。

 

須田さん、ミゾさんと落ち合いスタート。

都民の森入口までローテ回しつつ削られる、、アップ終わってないよぅ・・・って感じ。
そのまま上川乗までハイスピードで、須田さんの引きがエグくて絶え絶えになりつつ我慢。しかし自分が前の時はしっかりと引く。
上川乗から数馬の湯までの斜度が上がるところで少し緩む・・?斜度上がるところを耐えればもしや・・・?とひたすらハイケイデンスで耐え忍ぶ。
すると数馬の湯以降で少しずつ須田さんミゾさんと差が開いて先着できた。タイムは序盤で削り合い過ぎたからかベストから2分落ち。

f:id:s-worker:20191006202943j:image

 

そのまま風張峠から下って奥多摩→鶴峠方面へ。風張峠からのダウンヒルでオートバイが左カーブを曲がり切れなかったからかガードレールに突っ込んで警察が処理してた。対向車線をバイクが下ってるところでヒルクラしてたらこういうアホに突っ込まれるリスクがあるのかと・・・コース選びの時には気を付けよう。

 

そしてチャーちゃんまんじゅう。今日はヨモギしかなかったが、やはり疲れた身体にあんこはしみる。

f:id:s-worker:20191006202930j:image

先週、まんじゅうの方がゼリーよりもエネルギーが長持ちする感じだったので今日は後で食べるようにもう一つ購入して鶴峠。距離はそこまでだけど斜度10%以上が連発する・・・筋肉が削られてキツイところに須田さんのダンシングがやってきて差が開く・・そのまま差を詰められず遅れる。

 

そしてダウンヒル後、最後の登り裏甲武トンネル前へ。今日はメンバーの脚が合ってて待ちが少なかったので先週より筋肉がキツイ。。ほかのメンバーも同じだったようで先週より1分落ちながら先着。
f:id:s-worker:20191006203024j:image

 

そして武蔵五日市駅前セブンで昼食をとって50kmの帰路へ。国道463号は車通りが多いからか常に追い風で走れるので気持ちよく走って帰宅。

 

グルメライド in 川越

大ちゃんさんと彩湖練を計画するも朝から雨だったので中止。その後雨脚が弱まったので昼メシを食べがてらに出発。

 

 

昨日と打って変わって最高気温20度と雨だったので初めてレインジェルを使ってみた。

手足とお腹に塗ったが、お腹は体温を保温してくれて冷えることがなかったので非常に助かった。途中で結構な雨に降られて身体が冷やされたが、体幹は保温できたので震えることなく走れた。

が、12時とお昼時だったので上尾の辺りでメシ屋を探して発見。

f:id:s-worker:20191006204403j:image

おすすめデカ盛りランチ!上尾「高半」へ行ってきた | 埼玉北部のさんぽみち

 

 

大盛はたいしたことないからっておばちゃんの言葉にハマり、出てきたご飯2合くらいに大量の天ぷら。。

おかげで夜21時を迎えてもお腹は空いておらず。。

UKA練 in 都民の森周辺 / ソロ彩湖5周 (2019年9月28、29日)

 

UKA練 in 都民の森周辺(207km、TSS490…)

目標レースのツールドおきなわ140kmまであと1ヶ月ちょっと。少しでも長い距離を乗れるコースでUKAUKA練。

 

自宅から50km自走して武蔵五日市駅へ行き、都民の森周辺を100km走って、復路50kmを自走して帰ってくる計200kmのルート。

 

武蔵五日市駅まで道が心配だったので雑兵TさんとEMHモンドさんにも来てもらったが、トークが楽しくてあっという間だった。

「ファミ!マ」「ファ、、ファ、、!!」


Mollema "F*CKING SRAM!!!"

 

武蔵五日市駅でミゾさん、大ちゃんさん、DK、新加入の須田さんと落ち合い都民の森へ。

 

都民の森:20.5km、51分51秒、NP258w(4.16倍)

ミゾさんは緊急帰宅指令を受信したそうでT字路にて折り返し、、我々は左折してスタート。

前回は平坦区間でモリサカさんが相当な強度で引いてくれて51分前半だったので今回も踏んでいく。

大ちゃんさんが途中までアシストしてくれるとのことで回しながら、、4,5km地点で大ちゃんさんは仕事を終え、ひとり旅へ。

上川乗で信号ストップ、その後も片側通行に引っかかるも、パワーは4倍以上をキープできていい感じ。

やっぱりケイデンス90近辺を意識するとパワーの谷間をなくせて自発的インターバルが少なくなる。アークさんに感謝。

前回よりタレる感触は少なかったものの、50分切りは成らず、最後はタレつつゴール。

 

鶴峠:4.9km、21分54秒

駐車場で合流して風張峠を通過し、奥多摩周遊道路をダウンヒル

道幅広くて路面もキレイだし、このご褒美のために登ってきたと言っても過言ではない!

f:id:s-worker:20191001102537j:image

下り切ってまんじゅう屋さんで小休止。桜まんじゅう美味かったなー。今度はもう一つ買って補給食にしよう。

ko-kosuge.jp

 

ここから先は山梨県、未知の世界へ突入。

いつの間にか鶴峠に突入していたようで、須田さんと一騎討ち。300w近くで登ってるのにまったく落ちてこない!こうなるとどちらかが千切れるまで我慢比べ、、、同着!

楽しさ過去最高レベル、、去年の房総練以来かな、、脚が合う人と走るロードほど楽しいものはないってシクロぱいせんと意気投合したけど本当でした。

 

裏甲武トンネル:4.1km、17分42秒

須田さん下りも速いし沖縄興味あるって、、来年の沖縄が単騎じゃなくなると思うと楽しみだぁー。。。とかUKAUKAしてると後ろからTさんとモンドさんに下りでぶち抜かれる。。

下り切って合流し、大きな登りは一つを残すのみ。モンドさんによるとダラダラ登りが続くとのこと、、、モンドサンのウソツキ、、、、10%くらいの坂ばっかじゃん。。。

途中まで須田さんと一緒に大ちゃんさんを押し上げるも、途中から須田さんと一騎討ち、、須田さんのたまに出るダンシングペースアップがキチィ、、、耐えつつ「もうあそこゴールっしょ」ってケイデンス上げたら案の定ゴールではなく、自滅。。見えつつも縮まらない、、、stravaだと49秒差。この屈辱感こそが成長の糧になるのです。

 

トンネルを抜けて上川乗へ出て、そこからダウンヒル。出し切って終了。

武蔵五日市駅のセブンで解散し、そこから復路50km。。。Tさんの後ろを走ってると居眠りしそうになったので途中のコンビニでレッドブルを補給して先頭を引かせていただく。

運動しないとデブになる話で盛り上がってたら罰が当たったりしつつ帰宅。

 

ソロ彩湖 5周

朝起きて乗り込もうとするも、練習終了予定時刻の8時過ぎに目覚める。そして二度寝

全身バキバキの筋肉痛に、まだ成長の余地があって嬉しいとか感じつつ、嫁様が寝てる隙を突いて出発。

 

最近競いながら走ってなかったからか、前ももがパンパン。キツイ時にもダンシングと引き足で分散を意識して走ろう。

とか色々考えててもまったく踏まずまったく進まず5周でギブアップ。

 

富士チャレンジで200km走った後もそうだったけど、食欲が半端ない。

土曜の夜はどんぶりメシにうなぎ一尾とカキフライ10個にアイス。日曜は朝からパスタ、ラーメン、パン×3、アイス、ハンバーグ、アイス、、、生命の危機を感じるからだろうか。。

白石峠25分台達成→裏定峰 with ミゾさん / ソロ彩湖10周(2019年9月21日)

 

UKA練 in 白石峠 with ミゾさん

天気が崩れなさそうならロングライドの予定だったが、読めなかったので白石峠TTへ予定変更。

チームLINEで行きたい人を募集してミゾさんと。関越道手前のコンビニで集合して車で物見山へワープ。

 

 

先週の定峰峠の時が15℃しかなかったが、今日はそれより肌寒い。
下山する時は絶対冷えるし、これからジレはマストアイテムだな。今日も白石峠TT以外はずっと着ていたが、Raphaのジレは空気抵抗感じないくらいバタつかなくて・・・早くRaphaのジャージが欲しいです。。

psycho-cycling-union.jimdosite.com

 

白石峠:25分56秒(自己ベスト)、6.4km、269w、4.3kg/w

物見山から10kmほどアップして、さら脚での白石峠TT。直近の自己ベストは去年のツールドおきなわ後に同じシチュエーションで登った26分16秒。
 

s-worker.hatenablog.com

 

その時から機材で変更している点は以下の通り。 

  • ホイール:BORA35 → ROVAL CL 50(+60g)
  • タイヤ:IRC  RBCC(チューブレス) → コンチネンタルGP5000(チューブレス)(+25g)
  • シューズ:S-works 6 → BONT Vaypor S(±0g)

合計85gの増量。

 

エンジンは・・・

s-worker.hatenablog.com

 

あとはジテツウをやめてローラーに完全移行したってところか。

やっぱエンジンが大事なんやね。 

 

今日意識したのは①アークさんから聞いた、ケイデンスを90近くで維持しながら登ること、②緩斜面は引き足を使ったペダリング、急斜面はダンシング、と使う筋肉を変えて疲労を分散しながら登ること。

 

中間地点の湧き水ポイントまで、息が上がり切ってオーバーヒートすることもなくいい感じ。残り1.8kmくらいのところで観光バスが後ろからやってきてしまったが、ペースを落とすわけにもいかないので、道が広がるところまで追走してもらい、いつの間にか残り600m。調子がよかったからか、パラグライダー場あたりの勾配が上がったところも気づかず。最後200mは振り絞ってスプリント。
手元の時計で25分48秒だったので自己ベスト更新できたのでは・・・と思ってたら

f:id:s-worker:20190922163553j:image

 

今まで19回チャレンジしていたようなのでまとめてみた。

# 日付 時間 パワー PWR
1 2016/7/2 43:28 - -
2 2016/7/10 37:11 - -
3 2016/8/21 37:54 - -
4 2016/8/28 33:24 - -
5 2016/10/10 32:01 - -
6 2016/12/12 31:38 228 3.7
7 2017/1/30 32:23 217 3.6
8 2017/4/16 29:22 239 3.9
9 2017/6/10 29:38 228 3.7
10 2017/8/11 31:26 232 3.8
11 2017/10/3 32:17 225 3.7
12 2017/10/12 28:49 260 4.3
13 2018/4/1 32:04 212 3.5
14 2018/10/6 27:00 253 4.1
15 2018/11/17 26:16 286 4.7
16 2018/12/1 27:13 256 4.2
17 2019/6/8 28:05 249 4.1
18 2019/8/19 28:03 247 4.0
19 2019/9/21 25:56 269 4.4

直近で一番早かったのは去年の15回目のクライム。沖縄でパワメが片方壊れた後だったので単純に2倍したパワーを記載しているが、今回の結果に鑑みると、そんなにパワーは出てなかったな・・。

30分を切るにはパワーウェイトレシオ4倍、そこからは1分短縮するのに0.1倍必要ってところだろうか。

23分台まで行けると富士ヒルゴールドが見えるっぽいんだよなぁ・・・

 

定峰→物見山

その後は定峰峠秩父側へ降り、麓から高篠峠へ登る裏定峰ルートを使って、田中を通って鳩山三段坂、物見山でゴール。

終わってみると64kmでTSS221とかなり高強度の練習だった。白石峠は去年のツールドおきなわ後よりもいい記録が出ているのは好材料

 

ソロ彩湖10周

 

嫁様が起きてくる前に、このメニューなら2時間ほどでサクッと終われていい。

ラップ数  タイム 平均速度 NP
1 8:22 35.1 224
2 7:52 37.2 236
3 8:05 35.9 222
45 16:20 35.8 222
6 8:45 34.3 216
7 8:11 35.2 219
8 8:19 34.8 216
9 8:05 35.6 231
10 7:53 36.8 237

白石峠と同じく、ペダリングのバリエーションを意識して淡々と。引き足を意識するとパワーを維持しやすいような?

前回よりパワー出てるしいい感じなことに間違いないだろう。

s-worker.hatenablog.com

 

パラチノース:インプレ

ちなみに補給はパラチノースドリンク。土日ともに、空腹感は皆無で走り切れた。先週定峰峠登った時はまだ使ってなくて結構空腹感あったのに・・・ちなみにTSS・時間も今回の白石峠と変わらない。これはかなり使えるかもしれない。

↓:200本あるが、1週間で既に20本消費してしまった。

でもこれだけだと塩分が入っていないので、塩タブレットの売れ残りを探しに行こう。

定峰→丸山林道→七重→松郷 with EMH、ZAPPEI / 自転車乗りは歯が命 → パラチノース(2019年9月14日)

今週は午前中だけなら、ということで黒のハイエースに拉致してもらい東秩父の道の駅スタートで。

 

 

定峰→丸山林道→七重→松郷

いつも通り雑兵TさんとEMH中村さん。

しかし、4時半集合はもはや夜。。

 

 

定峰峠の登り口は15℃とさすがに夏ジャージだと肌寒かったが、mogさんに譲ってもらったRaphaのジレが暖かいのに蒸れず、しかも身体にピッタリ着くので着てて不快感が一切ない。。Rapha楽しみなんじゃあ~~

psycho-cycling-union.jimdosite.com

 

定峰峠:5km 265m 14分26秒(自己ベスト) NP285w pwr4.6

最近はグリーンラインへ行ったり、何かと足が遠のいていた定峰峠

せっかくのサラ足なのでTTせねばと、中村さんから「TTしないと山に失礼」とパワーワードもいただきつつアタック。

勾配が急になるところはダンシングで体重を使ってシッティングの筋肉を温存し、緩いところでシッティング。これを意識してから脚の限界を少しずつ遅らせられている。

久しぶりで、あと2つ曲がったら銅像、、と思ってたら銅像がやってきて焦りつつダンシングでスパート。

14分台突入で大幅に自己ベスト更新。久しぶりに血の味がするほど追い込めたー、、

f:id:s-worker:20190917080919j:image

f:id:s-worker:20190917080007j:image

一応去年とかも走り込んでたけどこれだけタイムを更新できたのは体幹レーニングとダンシングのおかげで後半をタレずに踏めてたからな気がする。筋肉より心肺が先に限界に近づいて血の味がしたんじゃないかな?

筋トレはいいぞーー

s-worker.hatenablog.com

 

 

その後秩父方面に下って、丸山林道を登って県民の森。10km以上あるのに、話してたらいつの間にか登頂。

白石峠を下って松郷、、ではなく中村さんの提案で七重峠という初のルートで東秩父方面に向かう。

1.6kmで165m登る平均勾配12.6%と「カザリン」を思わせるような激坂、、てか1.6km??倍は走ってたかのような、、ハルヒルの神社以降みたいに激坂には時空を歪める力がある。。

激坂区間を登りきると「通行止め(バイク・自転車含む)」と親切にも立て看板が。。。中村さんに削られた!w

その後松郷も自己ベストを更新して東秩父の道の駅へ。

短時間だと後先考えずにTTで走れるからそれはそれでキツいけど楽しい!65kmでTSS220も溜まってたからね。。

道の駅で山芋とかナスとか買って帰宅。ハイエース最高です!

 

自転車乗りは歯が命

嫁様が歯科衛生士ということもあり、勤務先の歯科医院に患者として診てもらっているのだが、自転車を始めた3年ほどで虫歯が異常に増えている。。

嫁様の働いてる歯科医院は予防歯科に積極的で、口内環境を整えないと歯を削っても「穴が空いたバケツに水を入れるようなもん」という考え方。

てことで、虫歯のメカニズムから色々教えていただいたのでまとめてみた。

 

虫歯のメカニズム

虫歯を起こすのは主にミュータンス菌。歯垢に住み着いているこいつが食事に含まれる糖質をエサに酸を放出して歯を溶かす。

そのため食後は口内が酸性になり、一時的に歯が溶かされてしまうものの、唾液の分泌によって40分〜1時間で再生される。

歯磨きを頻繁にして歯垢を落とすことはもちろん、歯が再生されている途中に新たに糖質を補給しないことも大事とのこと。

私の場合、平日は規則的に3食食べて間食もほぼ無いので問題なかったが、休日にロードバイクに乗る時、朝から晩までスポーツドリンクやジェルなど糖質満載の液体を常時取り込むことが相当にマズイとのことだった。

 

虫歯対策

歯垢に住み着いているため、マメに歯を磨いて歯垢を落とすことはもちろんだが、ライド中に歯を磨くのはなかなか至難の業。(歯ブラシを持ち歩くのはアリかも?)

そのため摂取するモノを調整する方向で固まった。とはいえ糖質は唯一無二のエネルギー源なので削ることはできないなか、「虫歯にならない 糖質」とグーグル先生に調べてもらうと、、、あった。

 

パラチノースという救世主

三井製糖の甘味料「パラチノース」 | 最近の関連情報・ニュース | 一般社団法人 日本生活習慣病予防協会

『非う蝕性、抗う蝕性
パラチノースは虫歯菌に資化されず虫歯の原因を造らない。また、パラチノースには歯垢の形成を抑え、虫歯になるのを防ぐ働きもある。』

 

聞いたことがあると思ったら、去年のツールドおきなわでボトルに入れていたアレじゃないか・・・ 

パラチノース®を採用した新世代エナジードリンク Challenger チャレンジャー - PowerDrink Challenger Vol.1 | cyclowired

 

日々のローラーや練習でも↑を投入できるほどの資金力は無いのでこちらのスティックシュガータイプを購入。普通のスティックシュガーサイズなのでライドにも持っていきやすい。

早速朝の1時間ローラーで使ってみたが、特にカロリー不足はなく、ほぼ無味のうえ無臭なので粉飴と使用感は変わらない。常温の水でもすぐ溶けるのは素晴らしい!

しかも虫歯以外に補給面でも実用的ときたら、、、当分こいつを試してみる。