アラサーリーマンのロードバイク日誌

ロードバイクにハマってしまった30歳フルタイムワーカーが、日々の練習や機材に関する記事を書いていきます。

UKA練 in 大井ふ頭(2020年7月5日)

大井ふ頭 初上陸!!

土曜日はクルマがバンバン走っているとのことで、土曜日がメインのわたくしはなかなか行けていなかった大井ふ頭に初上陸!

今月から嫁様が月に数回日曜出勤が入るとのことで、仕方なく、時間を持て余さないように自転車に乗らなきゃ!ということでUKA練参加。

メンバーは、スダさん、ぐっさん、ミゾさん、大ちゃんさん、私の5名。

 

25kmくらいなので、1時間半もあれば行けるかなーってことで6時半に出発。

水道橋まではジテツウルートで254と春日通りを組み合わせて、日曜のこの時間だと渋滞もなくてスイスイ。池袋まで車道を走ることすら難しかった道が・・・!これくらいの交通量なら都内ポタリングも気持ちいい。

皇居から虎ノ門、三田、品川と抜けて大井ふ頭へログイン!

f:id:s-worker:20200705202816j:image

こんなに車線がたくさんあって、クルマもいないとかZwiftか!

大井ふ頭は周回が大・中・小あるようで、それぞれ12km、6km、??km。今回は中周回。

時々信号に引っかかってしまうものの、コースはコーナーとそこそこの距離の直線の組み合わせで、Zwiftのロンドンとかリッチモンドみたいで飽きがこなくてよい!

久しぶりにBORA ONE 35からROVAL CL50に履き替えてきたけど、最高速度の伸びが素晴らしい。でもBORAはガチャ踏みでも進むけど、ROVALは踏むタイミングと引き足を使って回す意識をするとより省エネで進む感じ。

 

UKA練を終わって休憩していると平坦本舗のサイキさんとエンカウントし、ミートアップさせていただくことに。

s-worker.hatenablog.com


雨脚も強くなりつつあったので、大周回を一周。信号もほとんどなくて素晴らしいコースだ。。

同じ平坦で走るなら展開があるから彩湖よりも、いつの間にか距離を走れている感があってよい。

帰りはミゾさんと環七を北上。自転車だと陸橋渡れないから信号に捕まって走りにくい。。

 

Zwift効果か、平坦の集団で力をセーブしたり、ちょっと踏んで前に追いついたりとかの力配分が上手くなった気がする。

f:id:s-worker:20200705203925j:image

和田峠→裏大垂水峠(2020年6月27日)

今週は夕方から予定のあるメンバーが多く、近場で登りつつということで、矢野口集合から八王子、相模湖に抜けて帰ってくるルート。

メンバーはTさん、モンドさん、スダさん、ミゾさん、タザワさん、たっくん、私の7名。

 

矢野口→和田峠入口

朝から湿度999%(体感)。汗が止まらないし胃も重い。暑いというか不快指数が5000くらいで気持ち悪かった。朝からブル注入。。

f:id:s-worker:20200630123941j:image

コンビニで水浴びするだけじゃ足りず、たっくんがパンクしてる隙に川で水浴びに、、、夏ってこんなにキツかったでしょうか??

f:id:s-worker:20200630123952j:image

 

和田峠

秩父とか飯能なら都内通らずに行けるので道中快適ゆえにどうしてもそっちばかりで、聞いたことはあったけど初体験。事前調査では子の権現と距離も斜度も変わらない感じだったので、少し余裕を持ちつつ突入。

林の中も湿度は変わらずキツかったが、たっくんのアタックについていったら忘れてた。そして心肺が先週振りに限界値。。とはいえ千切れるほどのアタックはもう無いとふんで1秒遅れくらいでツキイチ。

和田峠は子の権現ってより白石峠の斜度がキツいところを凝縮したイメージ。休みどころがない、しかも終わりが分からない、そんななかつづら折りで激坂を連発されて先が見えないから私のメンタルを壊すには十分すぎる、、

うめき声をあげながらひたすら登って、最後は後ろの利をフル活用してスプリントを先駆けして先着!するも心拍が限界突破。。

タイムは17分1秒、パワーも273W(4.5倍)と追い込まれ、、速い人と走るのが一番練習になるって、ホントです。

 

和田峠(下り)→裏大垂水峠

そのまま相模湖に抜けて裏大垂水峠に登ることを渋るTさんとタザワさんに、集団で走れば和田峠を下るより裏大垂水峠を登ったほうが速いと謎理論で言いくるめてそのまま相模湖方面へ。

ここでたっくん本日2度めのパンクwまきびしでもまかれてたか

f:id:s-worker:20200630124021j:image

そして裏大垂水峠。逆(表)から登ったことがあるので、コースのイメージはなんとなく、定峰峠みたいなイメージ。

先頭で入って、いつの間にかモンドさんとスダさんと3人。

そしてモンドさんがアタック、、5月ZWIFT楽しすぎて1,800km走ってたら20歳くらい若返ったのでしょうか、、とはいえツキイチでなんとか、、、我ながらアタックできなくてつまらない走り方だけどなんとか、、モンドさんが頂上を勘違いして脱落してスダさんと2人。

スダさんは上げ下げ激しいから基本一緒に走ると削られる、、そしてスダさんも頂上を勘違いしたので、ちょい差しゴール。

タイムは9分57秒、パワーは277W(4.6倍)。アタックしてレッドゾーンに入ったら帰ってこれなくなる恐怖を克服しないとなぁ。。

 

高尾→帰宅

高尾から八王子、多摩サイ脇を通って矢野口へ。

都内ゆえに信号とクルマが多くてなかなか疲れる+暑い!

しかしモンドさんは先週と変わらず元気でおそろしい。Tさんと中身が入れ替わったのか!笑

f:id:s-worker:20200630124011j:image

戻ってこられない恐怖からペースアップに対応せずジワジワ落ちるのを待つだけじゃなくて、芸風を増やすべく改めてインターバルでも取り組もうかと。。

余裕失ってる私はライド中に一枚も写真を撮ることなく、皆さまの写真を拝借させていただきました^o^

都民の森→鶴峠→ゼブラ→尾根幹:190km(2020年6月20日)

県またぎの移動が解禁されたこともあり、久々のロングライド。

武蔵五日市駅集合で都民の森を抜けて、鶴峠から帰ってくるルート。 

モンドさん、スダさん、ミゾさん、私に加えて、この度チームへ加入してくれたたっくん氏の5名。

たっくん氏とは一度、大月にほうとうを食べに行くライドでご一緒しており、その頃から普通に速かったが、スダさんいわく「走行距離を積み上げて更にパワーアップしている」とのこと。

s-worker.hatenablog.com

 

武蔵五日市駅までは富士街道→青梅街道→五日市街道で。5時半に練馬を出発しているからか車が少なく、信号もほとんど引っかからずでスイスイ。2時間弱で到着できたので、実は白石峠まで行くより30分くらい近いという意外な感じ。

 

都民の森

檜原村役場までゆるゆると進行し、いつものT字路から21km先の休憩所に向けてスタート。

序盤の10kmくらいまでは斜度もそこまでではなく、たまに下りがあるというロードレース的なコース。5人とも登りが得意なので差が開くこともなく適宜ローテーションしながら進む。10kmから14,15km地点までは斜度が少し上がり、残り5,6kmは山登りになる。

残り5,6kmあたりまで集団で走っていたが、徐々に差が開いていき、先頭たっくん、2番手ワタシの2人で登っていく。

途中1,2秒離されかけたが、粘って追いついてツキイチしながら残り2kmまで。忖度しているのでなければ、走力が同じくらいだから常に緊張感を持って走らされるので非常に神経を使わされて・・・楽しい!

ツキイチさせてもらってたので休憩所手前までは先行して、最後のスプリント、、、前ももが吊りそうになって踏み切れず敗北。でも片側通行で停車させられたにもかかわらず52分ってベストタイムだったんじゃないか?

NP245wの4.1倍って、なかなかパワー出てましたなぁ。

 

その後、モンドさん、ミゾさん、スダさんとゴール。年齢10歳差で1分ハンデだとして、2分ハンデついてたら負けですね、、stravaで59秒差でした。。5月にZwift1,800km乗った効果出まくりじゃないですか。。

息子が待っているミゾさんとお別れして、我々は奥多摩湖側へ下山。

 

鶴峠→ゼブラ→尾根幹

鶴峠もゼブラまでの20号線アップダウンもしっかり上げておつかれモードでゼブラ。

コーヒーもクロワッサンもめちゃめちゃ美味しかった、、、けど「麺かごはんつぶ食べたい、、、」ってくらいおつかれモード。からの尾根幹通って帰宅。

 

今までロングに出掛けると、時間を経るごとに最大出力が減っていって帰りの残り数kmってところは河川敷の下から上まで上がる力もないってことがあったけど、なんだかんだ尾根幹も垂れることなく意外に元気だった。

ローラーエンデューロのおかげ??というかGTローラーだと体幹使わされるから実走と身体の使い方が一緒でよい!

 

あと、コラムスペーサー抜いてハンドル下げて、サドルを前にしたのは悪くなさそう。というか、頭下がるから下りのスピードと下ハンで踏み込んだ時が伸びる。

体幹に加えておしりにも効いてそうなので当面続けてみる。

とはいえポジション変えたてでFTP260wでTSS400も走ったので、次の日は背中がバキバキでフルレスト、、、

 

ツールドおきなわ開催するかわからないけど、とりあえずチームは活性化しそうで楽しみ!

物欲に自粛なし!(2020年6月14日)

更新がご無沙汰になってしまいまして、自粛期間中というのもありますが、一番の要因はコレ。

f:id:s-worker:20200614231214j:plain



自粛期間中に本格的なテレワーク体制を整えるべく会社からWindowsPCが支給されたため、私用に持っていたSurfaceを売りに出してその勢いでMac Book Airの2020年モデルに買い替えました。

 

コロナウィルスの影響もあってか、5月14日に注文して到着は6月12日と約1ヶ月。長かったぜ。。。

引っ越しの荷物の中に、たまたま2010年モデルのMac Book Proを発見し、蘇生できたので数年ぶりにMacのPCを触ってたら、ほとんどMacしか触らなくなり、どうしても画面の解像度をRetinaディスプレイにして高めたくなってしまい、、、カッコつけてUS版のキーボードにしてReturnキーが小さくなってしまった事以外は満足^^

 

緊急事態宣言中は会社もフルリモートになって通勤時間をZwiftに置き換えて結構な時間をローラーに費やせており、4月・5月はローラーのみで1,300km。Zwiftだから200wで40km/h近く出せたり砂漠メインってのもあるけど。。

Zwiftは自粛期間中にユーザーが爆増して、いろんな企画が立ち上がって楽しかったなぁ・・・

growtac.com

 

最近はちょくちょく外乗りも解禁しつつ、感じることとしてはPWR3倍程度とはいえ、2時間とか3時間連続でライドしていたことはベース作りに役立っていたのではないかということ。パワーの限界値は高まっていないけど、下限が上がっているイメージ。

白石峠も手元の時計で25分59秒(自己ベスト+5秒/Zwiftは26分ムニャムニャ・・・)で、激坂では変わらず遅くなるものの、斜度が緩くなるところで踏めるイメージ。

Vo2MAXはレースのスタートダッシュくらいしかやってないから今後はその辺が必要なのかも、、そろそろワークアウトに取り組む時間でしょうか・・^q^

f:id:s-worker:20200614231310j:plain

相変わらずキッツいカザリンを登ったご褒美

 

自粛期間中は遠征もないのでその分を執務(Zwift)環境の向上に振り向け・・・ジャージも欲しくならないしリーズナボゥ、、

 

 

レックマウント社のインドア用マウントと、スマホケースと、マグネットと、車載用アタッチメントと、、、インドア用マウントを設置してからはひたすらYoutubeを見ながらZwiftZwift、、、オリラジの中田あっちゃんがやっているYoutube大学は走りながらで勉強にもなるしオススメ。


【始皇帝】キングダムのモデルを中田が徹底解説【偉人伝】

 

6月からフル出社に戻ってからなかなか慣れず、平日朝は寝過ごしてしまっておりつつ、土日は雨に振られつつ、なかなか調子が出ていないというか、リモートワークがワークライフバランス的に最強だったなぁ〜〜〜。

携帯を楽天モバイルに変えました(2020年5月9日)

前回の記事から1ヶ月も空いてしまいましたが、今回の記事は自転車と全く関係なし。

 

ちなみにGW中はステイホームということでひたすらZwift三昧でした。

嫁様と義理の妹が医療従事者ということもあり、ソロといえどなかなか躊躇ってしまうため割り切って完全ステイホーム。

お仕事も在宅メインにシフトしたから、「感染=外で遊んでた」って方式が成り立ってしまうこともあり、村八分による社会的な死を最も恐れる私は外に出る選択肢など浮かんでもこず・・・

 

とはいえ、家の中にいると基本的にネットを繋ぐうえ、古いMacBookProのレストアでOSをダウンロードしたりしてると、3日間の通信量上限に触れてしまい、会社貸与のWiFiが低速化。。MacBookProは業務に使うから会社のWiFi使うのはしゃーなし←

 

自費でWiFiを契約することも考えたが、月に通信費で1万円を超えて払い続けるのもなんだかなぁということで流行りの格安SIMに乗り換えて、浮いたお金でWiFiを契約しようと探索。

すると、コロナ流行前にニュースで知った、楽天モバイルの300万人限定1年間無料キャンペーンがまだ継続中とのこと。

network.mobile.rakuten.co.jp

 

調べていくと、悪くない、いや、かなりいいんじゃないかと言うことで、携帯を楽天モバイルに変えました。

 

検討にあたって

いい点

  • 1年間通信代無料。終わっても月額2,980円。
  • 楽天回線エリア内はギガ使い放題。回線外はauの電波を5GBまで使える。5GB超えると1MBの通信制限。
  • 通信速度はネットで見る限り25Mbps以上は出そう。動画を見るくらいなら余裕。
  • 解約手数料、契約期間制限なし。

気になる点

  • 自分の生活範囲は楽天回線エリアなのか:公式サイトで確認すると東京23区は問題なさそう。
  • iPhoneは使えるのか:公式にはiphone X以前のモデルは使えないようだけど、非公式にはしっかり使えそう。
  • 乗り換えの手数料:Softbankから違約金が発生?とはいえ1年間無料と比較したらすぐに回収できる。
  • サービスの悪化懸念:Softbankも親会社の経営がーとか言われてるし、携帯キャリアは総務省のお墨付きがないと運営できないから大丈夫だろう。

安くて使い放題で普通に使えるクオリティとあれば変えない理由がない!一番気になるのは手持ちのiPhone7plusが使えるのかってところだけど、ネットで見る限りは普通に使えてるようなのでつっこんでみました。

 

手続き→到着まで

今回はソフトバンクからのMNPなので、まずiPhoneSIMロックを解除すべくMy Softbankから手続きし、すぐ解除されるのでそのままMNP予約番号を取得。

MNP予約番号を引っさげて、楽天モバイルの公式サイトからMNP乗り換えの申込み。

楽天モバイル

既存で使っている楽天IDを使って申し込み。面倒なことといえば、身分証明書のアップロードくらい?運転免許証があれば問題ない。

 

特に問題がなければ申し込みからSIMカード到着まで2〜3日らしい。

 

が、4月30日に申し込んだのに、GW明けても来ない。100歩譲ってGWは休みだったとして、明けの木曜日もマイページから見られる申込状況に進捗がない。

ツイッターを見ると同じような人が複数いるようで、サポートに電話をするとその原因がわかるとのことで電話してみる。

50分待った(フリーダイヤル)末、オペレーターに繋がったので進捗状況を確認してもらう。すると、登録に使った楽天IDの電話番号がもう使われていない実家の電話番号だったので、不通で、契約手続きが止まっていたらしい。登録情報を修正してもらい、次の日に発送、その次の日に到着した。

サポートに電話しなければ、未だに手続きが止まっていたと思うと恐ろしい、、こういうところは3大キャリアと比べた弱さか、、

 

到着→利用開始

ということで、SIMカードが届いたので、回線開通の手続き。

f:id:s-worker:20200509201437j:image

楽天モバイルのHPから開通手続開始のボタンを押して30分ほど待機。元のキャリアのSIMで通話ができなくなったら完了。

加えてiPhone楽天モバイルのSIMを使えるようにするため、下記のサイトを参考にパソコンを使って設定。

 

kakuyasu-sim.jp

特に難しいことはなく、設定完了。

 

利用開始すると、左上に「Rakuten」が燦然と輝く・・・!

f:id:s-worker:20200509201429j:image

 

通信速度はこんな感じ。

f:id:s-worker:20200509201422j:image

YouTubeも余裕で最高画質。今の所言うことなし。

 

ということで、楽天モバイルが気になった方は下記の紹介コードを使ってください!w
紹介された方にも2000ポイント還元されますので

2020043001697

network.mobile.rakuten.co.jp

約3か月でFTPが48w向上したトレーニングの話

2019年11月のツールドおきなわを最後に、約1ヶ月のオフ期間を空けてトレーニングを再開してから約3か月・・・

FTPが223w(3.7w/kg)から271w(4.5w/kg)に向上しました!

f:id:s-worker:20200412220304j:image

 

月間ベストFTPの推移

日時 アクティビティ 20分ベスト FTP(20分ベスト×0.95) パワーウェイトレシオ
2019/12/14 白石峠 235w 223w 3.7w/kg
2020/1/2 白石峠 251w 238w 4.0w/kg
2020/2/29 山伏峠 265w 252w 4.2w/kg
2020/3/20 伊豆イチ 271w 257w 4.3w/kg
2020/4/10 Zwiftレース 284w 271w 4.5w/kg

 

1~2月はZwiftレースでBクラスも精いっぱい、AP230wも行けばかなり健闘した方だったのが、最近はAクラスの先頭集団に最終局面まで残ることもできている。
なによりこれまでと違うのは、パワーを出す感覚というかコツを掴んだ・・・ような気がすること。
また間が空いて弱体化した時に立ち戻れるように書き残しておきたい。

 

 

1.トレーニン

今年は強度度外視で距離を乗ってベースを作ることを意識してきた。これまで月間1000km以上乗る月はほとんどなかったが、今年に入ってから3か月は月間1200~1400kmほど乗ることができている。

  2016 2017 2018 2019 2020
  距離 距離 距離 距離 距離
1月 - 630 508 820 1,242
2月 - 495 497 747 1,433
3月 - 982 647 867 1,337
4月 160 507 860 450 631
5月 287 648 735 773  
6月 228 438 822 783  
7月 316 579 918 417  
8月 370 682 1,004 1,269  
9月 537 476 1,004 964  
10月 404 539 1,305 799  
11月 604 588 860 506  
12月 445 482 592 671  
合計 3,351 7,046 9,752 9,066 4,643

1月から3月下旬までは90%以上が①実走ロングと②Zwiftベースライドで、3月下旬に覚醒してからはレースで勝負するのが楽しくなり、③Zwiftレースの割合が増えている。

 

①.150km以上のロングライド

毎週末、要所の峠でTTをする以外はキャッキャウフフ、、、ではなく千切り合うイベントも多々発生する150km超のロングライドに連れて行っていただいていた。
実走は風の抵抗など様々な要素があるので効率的にバイクを進めるためだったり、登りでもスピードを保つために踏み込むタイミングを調整したりと、自分のペダリングにムラが生まれてインターバルが掛からないように意識して走った。
3月頃から、TT後や追い込んだ時に脚より腹筋が苦しくなることが多々発生した。おそらくペダリング体幹を使えていなかったのが、段々と使えるようになりつつある兆候なのではないかと思う。
そこからは、要所以外は脚を使わず温存できるようになり、伊豆イチは200km走った後に、その日のベストパワーを発揮できた。

s-worker.hatenablog.com

 

②.Zwiftのベースライド

インターバルのような短時間高強度と、LSDのような長時間低強度は同じTSSでも全身の疲労度が異なる。後者であれば毎日でも取り組めるので、距離を最優先で乗り込むために朝の1~1.5時間180w(3.0w/kg)で乗り込んだ。
高強度は毛細血管を発達させられないので、まずは低強度で毛細血管を発達させて血の通り道をたくさん作り、拡張してから、高強度に取り組んだ方がよいと聞いたことがある。
「基礎が立派じゃないと高い家は建てられない」と言うが、今までは高強度ばかりやって毛細血管が発達していないうちにインターバルで心肺能力を高めてたから、すぐ元に戻ってしまってたのだろう、、。インターバルはキツいから継続して取り組めなかったですしね、、。

 

③.Zwiftレース

伊豆イチから帰ってきて、ローラー上でも260w以上出せるようになってきたので、積極的にレースへ参戦するようになった。
レースの良いところは千切れないように画面に集中しているからか、あっという間に時間が過ぎること。そして強度的にも集団に残るのは4倍(240w)以上が求められるので、自然とSST強度以上のトレーニングができること。そして大体登りでアタックが掛かるので、そこで数十秒~数分のインターバル練習にもなる。
Zwift Powerに登録していればレース後に時間ごとのパワーを確認できるので分析にも適しており、オススメです。

www.zwiftpower.com

ロングライドと低強度ローラーで作り上げた基礎の上に、SST~Vo2Max強度のトレーニングで高い建屋を積み上げていくイメージ。

 

 

2.機材

①.ポジション調整

2019年1月にフィッティングを受けてから、ハンドル・ステム・シートポストを変えていたので改めて微調整。

特にハンドルは形状が変わってブラケットが20mmほど前方に移動していたり、腹筋を使えるようになったので、よりペダルに荷重しやすくするためにステムをコラム1枚分(0.5㎝)下げたりした。
フィッティングがバッチリ決まると身体の負荷を少なくパワーを出せるようになるので、ロングライドやZwiftレースの後半で脚を残せるようになった。
また、1年以上前は後ろ乗りだったため、脚の裏側の筋肉しか使えていなかったところを前乗りにして前の筋肉(大腿四頭筋)を使えるようなポジションに違和感があったが、乗り込むにつれて前の筋肉が発達し、前後の筋肉をバランスよく使えるようになり、やっとフィッティングの効果を発揮できるようになった。

s-worker.hatenablog.com

 

②.ソールスターのインソール

正直、これはホイールを変えた時並みに効果があった。

www.rgtenterprises.com

 

 

3.その他

①.参考文献

ツールドおきなわを初め、様々なレースで結果を残しているホビーレーサーのトレーニング方法や意識していることについてまとめた本。
人によって練習のバリエーションが異なることや、意識していることを知ることができるので何度も読み返しては学ばせていただいている。長時間低強度に関する知見もこの本に書かれているので気になる方はぜひ手に取っていただきたい。

 
 
今後は当分レースもなさそうなので、自身のパワーアップに集中してベーストレーニングとFTP以上の強度でのトレーニングをバランス良く調和させて取り組んでいきたい。

ソロ白石峠 / グログロ君ミートアップ 特別編 (2020年3月28日,29日)

 

 

ソロ白石峠

前日まで雨が懸念されていたが、起きてみたら曇っていたので出走。

 

白石峠:26:02/AP263w(4.2w/kg)

白石峠までは3倍くらいで淡々と、向かい風だったので無理して踏まずに。

ソロだと骨伝導イヤホンの有無で時間の過ぎ方が全然違うなぁ。spotifyでひたすら嵐を聞きながら2時間半。

 

前日にTさんから「初めちょろちょろ、中パッパッ」っとアドバイスをいただいていたので、それを実践。。した結果が以下の通り。

セグメント 距離 タイム 自己ベスト 差分
スタート→湧水 0km→2.8km 11:36 11:39 ▲0:03
湧水→勝負平橋 2.8km→5.4km 10:45 10:39 0:06
勝負平橋→ゴール 5.4km→6.4km 3:35 3:26 0:09

最初でしっかり踏んでしまってた。

脚よりも心肺というか、胃のあたり、横隔膜?が攣りそうになるのはどういう理由なのか。腹筋鍛えればもっと耐えられるようになるだろうか?

 

終わってみると26:02と、過去2番目の記録。260w以上で踏めていたので調子自体は良かったはず。

f:id:s-worker:20200329224504j:image

白石峠でタイムを出すのは、斜度が上がるところと緩むところが繰り返されて、上がるところは踏まざるを得ないレベルの斜度だからインターバル能力が必要な気がする。

一定で登れるところはベース練効果で強くなっているが、やはりインターバルか、、。インターバル練って辛いわりに効果持続しなくてあまり乗り気しないんだよなぁ・・。

# 日付 時間 パワー PWR  
1 2016/7/2 43:28 - -  
2 2016/7/10 37:11 - -  
3 2016/8/21 37:54 - -  
4 2016/8/28 33:24 - -  
5 2016/10/10 32:01 - -  
6 2016/12/12 31:38 228 3.7  
7 2017/1/30 32:23 217 3.5  
8 2017/4/16 29:22 239 3.9  
9 2017/6/10 29:38 228 3.7  
10 2017/8/11 31:26 232 3.7  
11 2017/10/3 32:17 225 3.6  
12 2017/10/12 28:49 260 4.2  
13 2018/4/1 32:04 212 3.4  
14 2018/10/6 27:00 253 4.1  
15 2018/11/17 26:16 286 4.6 ※片足2倍(パワメ故障)
16 2018/12/1 27:13 256 4.1  
17 2019/6/8 28:05 249 4.0  
18 2019/8/19 28:03 247 4.0  
19 2019/9/21 25:56 268 4.3  
20 2019/12/14 29:48 225 3.6  
21 2020/1/2 27:34 244 3.9  
22 2020/3/28 26:02 263 4.2  

 

そして麓へ降りると、、、

片付けるなら、ボトルも一緒に持ってってくれてよかったんだぞ。周りの目を気にして冷や冷やしながら持って行ったサドルバッグに金目の物が一切入ってなくて残念なうえ、一生その罪悪感と後ろめたさを引きづって生きるってことを考えたら、人の物を盗むなんてことがいかにちっぽけなことかと思うんだけどなー。

とりあえずノーパンクで無事帰宅。

f:id:s-worker:20200329224431j:image

 

グログロ君ミートアップ 特別編

日曜日は雨予報だったので、グログロ君ミートアップにUKAUKAで参戦。 

チームメイトはmogさん、スダさん、ぐっさん、ミゾさん、私。

約70km、2時間のコースで一応3倍でまとまって走る予定が、、、しょっぱなからmogさん、ぐっさん、ミゾさん、私、NICOの方が5名で飛び出し、平地4倍で巡行。ちょっとした登りを5倍近くで登ったり、7~10倍?くらいのアタックが飛び出したり、久しぶりのチーム練でみんなウカウカしてるんだな。

1時間でmogさん、ミゾさんが離脱し、メイン集団と合流。Epic KOMを5倍弱で登頂し、そのまま平坦を3~4km走ってゴール。

ローラーに身体が適応したからか、これまで4倍出すのも苦しかったのが5倍弱で巡行できるまでになって楽しい。

Aクラスのレースでも先頭集団についていくことができたり、Zwiftの魅力に目覚め始めている。。

f:id:s-worker:20200329224445j:image